飛蚊症 サプリ

飛蚊症 サプリ

目に起こる加齢の症状は様々なものがありますが、その一つが飛蚊症です。
飛蚊症とは、ものを見ている時に黒い虫のようなものが動いて見える状態のことをいいます。蚊と名前が付いていますが、動いて見える物の形や大きさは様々で、視線を動かすと追いかけてくるような動きをする場合もあります。
加齢の症状とも言われていますが、発症する年齢は様々で20代から症状が起こることもあるため注意が必要です。
原因は目の中にある透明なゲル状な硝子体という物質が加齢によって変化し、一部にシワのような部分が出てきます。その部分が濁ってしまい、濁った部分が網膜に映ることで虫のような黒い点が見えるようになります。
また、加齢によって硝子体が萎縮してしまうことで、硝子体の後ろが網膜から剥がれてしまい、剥がれた部分が黒い点に見るようになることもあるとされています。
この硝子体に問題が出てくるのは、硝子体の中に活性酸素が発生してタンパク質や脂質などを変化させることで、硝子体の組織を変化することで引き起こされます。
活性酸素はもともと体の中の細胞を守る働きをする防御機能の一部ですが、紫外線によるダメージやストレス、生活環境の乱れなどが原因によって活性酸素は増えていきます。
つまり、この活性酸素を抑えることによって飛蚊症を予防することにつながります。
活性酸素を除去するためには抗酸化作用のある食品やサプリメントを積極的に摂取していくことが効果的です。
特に目に効果的な抗酸化作用のある成分としては、「ルテイン」が挙げられます。
ルテインは、抗酸化作用のあるカルテの井戸の一種で、黄色の天然色素になります。ファイトケミカルの一種で、マリーゴールドなどの黄色い花弁やほうれん草、人参、かぼちゃなどの緑黄色野菜に含まれています。
目の老化を引き起こす活性酸素を抑えるほか、テレビやパソコン、スマートフォンなどから発生される有害な青い光であるブルーライト、紫外線を吸収するなどの目を守る働きもします。
ルテインをサプリメントなどで摂取することによって、飛蚊症を予防することが期待できるほか、白内障を予防改善したり、コントラスト感度を改善する、炎症を抑制するほか、抗酸化作用による美肌効果なども期待できます。
サプリメントには様々な種類があります。選ぶ場合には、どれぐらいの量が配合されているかを注意して選んでいくことがオススメです。
1日の摂取量は6?12mgとされているため、この量を目安にして選ぶことが大切です。